夏色の女

カルチャーセンター1日講座でパーソナルカラーを探してもらいました。意外や意外、私は「夏色の女」でした。夏色というと、鮮やかな色をイメージされるかもしれませんが、「明るい、やさしい、くすんだ、涼やか」な色で、濁色といわれる類のようです。あ、カフェブロにはカラー診断のプロが何人かいらっしゃるので、今日知ったことを偉そうなことを書くのは恥ずかしいのですが。。。

色には清色と濁色があって、夏秋色は濁、冬春色は清。
そしてまた、色はイエローベースとブルーベースに分かれていて、春秋がイエロー、夏冬がブルーということです。

私はおそらく自分がブルーベースの色のほうが似合うとは思っていたのですが、色見本を見た感じ、冬だろうと思っていました。これまで好んで着てきた服の色も冬色が多かったです。でも実際顔の近くにいろんな色の布を当ててみると、清色の冬色は、しわやシミを目立たせるという特徴があり、アナリストさんが「ああ、冬だといろんなものが見えてきちゃいますね」とコメント。「いろんなもの」とは、つまり、シミ、くすみ、のことです 言葉を濁してくれたようですが、フクザツな心境でした~~ では、いろんなものが顔になければ冬色でもいいのかな。。。よくわかりませんが。。。。

意外だったのは、今まで自分には似合わないと思っていたパステル調の色が夏色にはかなり含まれていること。淡いピンクの布をあてられたとき、同じグループの人たちが「似合う~」と言ってくれてたので、きっと似合ったのでしょう。淡いピンクなんて、避けまくっていた色でした。外に着ていくにはちょっと慣れないので、淡いピンクの部屋着でも買って、慣らしてみようと思います。

グループの6人、冬の人は1人もいませんでしたが、夏のほかにも春の人、秋の人、人によっていろいろ違うものですね。「太っているから黒ばかり着ている」と言っていた方は、実は春色の人で、ターコイズカラーなどがとてもよく似合うことがわかりました。確かにそのような色を顔の近くに持っていくと、ゴージャスな欧米人マダムのように見えるのでした。不思議ですね。
[PR]
by marthymarthy | 2007-10-30 18:10 | その他/others


2007年に天に帰った母の闘病記がメインです


by marthymarthy

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
可愛い生物/cute creatures
その他/others
母と癌/mother&cancer
十字架/cross
英語/english training
夫婦/marriage
文鳥/rice bird
本/books
旅先から/travel
ブログ
労働/labor
友達/friends
映画・TV/movies
ベランダ/my farm
子育て/child-rearing
ブログ名/blog title definition
訳詞プロジェクト
未分類

以前の記事

2012年 10月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月

お気に入りブログ

メモ帳

検索

その他のジャンル

最新の記事

カフェブロブロガーで力を合わ..
at 2012-10-04 23:10
デートに誘われて
at 2008-02-11 21:02
あんこう
at 2008-02-11 21:02
60歳??!!
at 2008-02-09 09:02
よくがんばったね
at 2008-02-07 19:02

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
主婦

画像一覧