タビタ

今日はお母さん、どんな具合だろう。
元気にしているといいなあ。
私が最後に見舞った日、父に「あんた、しっかりしとってよ。私は病気に負けんけん。」と言っていた。心強いね。

今日の午前中、先日熊本に帰っていたときに撮った母の写真などを印刷してみた。とても優しそうな顔をしている。病気になる前は、どこか不満げな表情をしていたことが多かったような気がする。「私ばっかり忙しい」って。祖母の世話、犬猫の世話、父の世話。全部自分で買って出たものだけど、やっぱり忙しくなるとイライラするのだろう。

でも病気が分かった今は、なぜかとても優しい顔をしている。人によっては「仏の顔になってきている」なんて思う人もいるのかな。そんなことはありません母は神さまからの平安で包まれているのだ。感謝。病気と闘う勇気と、いつか来る死をも恐れない強さが、神さまから与えられているのだ。感謝。

イエス・キリストは、その生涯で多くの奇跡を行った。数え切れないほどの不治の病の人を癒した。イエスが天に帰られてからは、奇跡の絶対数は減ったかもしれないけど、でもゼロではない。現在でも祈りによって奇跡が起きた話を聞く。母にも奇跡が起きるように祈っている。

写真を印刷した後、ボランティア翻訳で「使徒の働き」を読んだ。そこに出てくるタビタという女の弟子が病気で死んだのをペテロは祈りで生き返らせた。タビタはやもめたちに下着や上着を作ってあげたり、他人の世話をよくやっていた優しい女性だったことがうかがえる。彼女によくしてもらっていた人たちが大勢泣いていたのだ。そこに、ペテロが奇跡を起こした!

母もタビタみたいなところがある。正義感が強すぎて怒りっぽいところはたまにぎずだけど。
母はもともと美容室を経営していて(ウラの経営者は祖母)、休みの日には、知的障害者の施設や親と暮らせない子供がいる施設に赴き、ボランティアでヘアカットをしてあげていた。私が中学のころにお店を譲って、あとはずっと専業主婦だけど、主婦になってからも一人暮らしの親戚のおばあさんのところにちょくちょく顔を出して励ましたり、近所の人たちにも「そこまでしなくても」ってくらい世話を焼いていたようなところもある。

神さま、どうかタビタのような母の上に、奇跡を!

目の前に母の写真を置いて、ことあるごとに祈っている。
[PR]
by marthymarthy | 2006-08-15 13:08 | 母と癌/mother&cancer


2007年に天に帰った母の闘病記がメインです


by marthymarthy

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
可愛い生物/cute creatures
その他/others
母と癌/mother&cancer
十字架/cross
英語/english training
夫婦/marriage
文鳥/rice bird
本/books
旅先から/travel
ブログ
労働/labor
友達/friends
映画・TV/movies
ベランダ/my farm
子育て/child-rearing
ブログ名/blog title definition
訳詞プロジェクト
未分類

以前の記事

2012年 10月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月

お気に入りブログ

メモ帳

検索

その他のジャンル

最新の記事

カフェブロブロガーで力を合わ..
at 2012-10-04 23:10
デートに誘われて
at 2008-02-11 21:02
あんこう
at 2008-02-11 21:02
60歳??!!
at 2008-02-09 09:02
よくがんばったね
at 2008-02-07 19:02

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
主婦

画像一覧