ビバ・エクセルシオール

久々にランチを外で食べた。独りで。読書したかったから。
会社のデスクで食べると、昼休みなのに電話がかかってきたり、
周りの同僚もデスクで食べてたりして世間話で盛り上がったりするから。
しずかに読書したかったのだ。
エクセル・シオール、ランチタイムは禁煙になってた
おかげで少し客も減って、客層も変わって、居心地がよかった。

本当は学校も始まって、昼休みはマジで勉強に当てたいのだけど、
反面、学校が始まると読書がしたくなってしまうのだ
学生のころ、試験前になると部屋の模様替えをしたくなったりしてたのと似てる。
つまり現実逃避。私は被害妄想と現実逃避というちょっとした病があるらしい

読んでいた本は『愛と心理療法』(M.スコット・ペック、創元社)。
いつかどこかで、カルロス・ゴーン氏「私を変えた本」として紹介していた。

c0256342_1010356.jpg


今日読んだところで印象深かったのは、
愛とは感情ではなく意志であり仕事であり勇気である、ということ。
たとえば男女の間であれば、恋から醒めたときから、初めて純粋な愛が始められる。
もちろん、ここでいう愛とはもっと広義のもの。
そして、「愛が仕事であり勇気」というときの仕事とは、
「自分や他人の精神的成長を培おうとする仕事ないしは勇気」ということらしい。
だから本当の自己愛というものは自分自身を精神的に成長させようとするものでなければならないし、対象が他人であっても、その人を本当に愛するということは、その人の精神的成長を望むこと、またはそのために何かすること、でなくてはならないのだろう。

だからやっぱり、最近電車やお店でよく見かけるけど、親が子どもを甘やかしたり、言いなりになったりしているのは、子どもを本当に愛しているとはいえないんだろうな。

そしてこの著者いわく、「愛する」という仕事は「耳を傾ける」という形に最もよく現れる、という。つまり、愛する人に私たちは注意を向ける。そして注意を向けるとき、いちばん大切なのが耳を傾けることだそうだ。異論はない。

これから通訳者になるかもしれないものとして、そしてそれ以前に「隣人を愛せよ」と書かれている聖書を信じる者として、私は人の話にもっと耳を傾けていかなければならないなあと思った。話者が本当に伝えたいことを聞き取り、くみ取り、行間を読み取ることが、通訳としての良いパフォーマンスの第一歩となる。「この人何言ってんの?もっと頭整理してから話してよ」などと考えていては、まともな通訳になれないなと思う。反省
[PR]
by marthymarthy | 2006-04-14 22:04 | その他/others


2007年に天に帰った母の闘病記がメインです


by marthymarthy

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
可愛い生物/cute creatures
その他/others
母と癌/mother&cancer
十字架/cross
英語/english training
夫婦/marriage
文鳥/rice bird
本/books
旅先から/travel
ブログ
労働/labor
友達/friends
映画・TV/movies
ベランダ/my farm
子育て/child-rearing
ブログ名/blog title definition
訳詞プロジェクト
未分類

以前の記事

2012年 10月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月

お気に入りブログ

メモ帳

検索

その他のジャンル

最新の記事

カフェブロブロガーで力を合わ..
at 2012-10-04 23:10
デートに誘われて
at 2008-02-11 21:02
あんこう
at 2008-02-11 21:02
60歳??!!
at 2008-02-09 09:02
よくがんばったね
at 2008-02-07 19:02

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
主婦

画像一覧