汗の理由

ルイサダさん、ブラボー
昨日は帰りが夜中の12時を回ってしまったので
ちょっと疲れたけれど、すばらしいコンサートでした。
最前列で、手の動きや表情まで良く見える位置でした。
c0256342_0111920.jpg

曲の中盤以降になると、

激しい曲ではなくても、
ユダヤ人の血が入っているのかと思わせる
高い鼻の頭から汗がしたたっていました。
激しい曲になると汗が何滴も飛んでいました。
譜めくりの青年は涼しそうな顔をしていたので
(一度だけめくるのを忘れてルイサダ本人がめくって、ハラハラした)、
ステージのライトが熱かったわけではないと思います。
あの汗は集中力の汗なんだなあと思いました。

1曲だけ変更があって、ベートーベンの「悲愴」を弾いてくださいました。
ショパンのイメージが強いルイサダさんだけど、
ベートーベンもすばらしかったです。

あれだけ汗をかいて演奏したのだから、相当疲れているだろう、
アンコールは軽い曲だろう、と思っていたけど、
ショパンのスケルツォでした。
そんなサービスをしちゃったから拍手が鳴り止まず、
もう一曲、最後にショパンのワルツを弾いてくれました。

もう2曲のアンコールで十分なので、
主催者はサイン会を中止してくれないかなと思いました。
だって10時近かったし、明日(今日のこと)はルイサダさん、
沖縄なんですから。
隣の席の人も、「サイン会なんて可哀想」って言ってました。

でもサイン会が予定通り行われると知ると、私たちも、
隣の席の人もちゃっかり並んでました

30分ほど並んでやっとお目にかかれたルイサダ氏は、
にこやかに「ボンソワール」と言って、握手の手を差し伸べてくださいました。
そして、私のパンフレットにさらさらっとサインをしてくれました。
"It was wonderful." と言うと、「アリガトウ」と嬉しそうに微笑んでくれました。

c0256342_2133388.jpg


でも本当はアリガトウと言うべきはこちらのほうです。
「今日のコンサートはよかった」とか「すばらしかった」とか「感動した」とか、
褒め言葉さえもおこがましくて使えないと思いました。
ありがとうルイサダさん。

今日は昨日の疲れが完全にとれて、沖縄に飛べますように。
[PR]
by marthymarthy | 2007-11-03 10:11 | その他/others


2007年に天に帰った母の闘病記がメインです


by marthymarthy

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
可愛い生物/cute creatures
その他/others
母と癌/mother&cancer
十字架/cross
英語/english training
夫婦/marriage
文鳥/rice bird
本/books
旅先から/travel
ブログ
労働/labor
友達/friends
映画・TV/movies
ベランダ/my farm
子育て/child-rearing
ブログ名/blog title definition
訳詞プロジェクト
未分類

以前の記事

2012年 10月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月

お気に入りブログ

メモ帳

検索

その他のジャンル

最新の記事

カフェブロブロガーで力を合わ..
at 2012-10-04 23:10
デートに誘われて
at 2008-02-11 21:02
あんこう
at 2008-02-11 21:02
60歳??!!
at 2008-02-09 09:02
よくがんばったね
at 2008-02-07 19:02

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
主婦

画像一覧