<   2007年 09月 ( 45 )   > この月の画像一覧

ギタリストたちの饗宴

今日は「ギタリストたちの饗宴」というクラシックギターのコンサートに行ってきました。福田進一、荘村清志、鈴木大介、大萩康司、というクラシックギター界の大御所や若手スターのほか、スペインから女性ギタリスト、ジャズギター界から小沼ようすけを迎えての豪華コンサートでした。3時間40分!!

場所は立川市の市民会館。田舎だからできるだけの出演者をかき集めて、お客さんを呼びこもうとしたのか、と思っていたんだけど、ソロで活躍中のギタリストたちが、ちゃんと合わせて、大曲を練習してきていたのにびっくり。ソロももちろんあったのだけど、ギターが2本、3本、4本、5本ともなると、迫力が出ますね。

市民会館だからS席でも5,000円。5,000円で4時間近くも豪華な演奏を楽しめて、贅沢な時間でした。

ギタリストたちは、ライバル同士というより、仲間って感じで、XXちゃんとかって呼び合って、雰囲気がよかったです。このコンサートのまとめ役、荘村さんは、来月60歳らしいのですが、とてもそんな風に見えませんでした。
[PR]
by marthymarthy | 2007-09-30 19:09 | 夫婦/marriage

新改札

c0256342_011304.jpg

JR立川駅に新しい改札口が今日からオープンしました~。5日には、品川、大宮に次ぐエキナカショップecuteがグランドオープン予定(ノ^^)八(^^ )ノ
[PR]
by marthymarthy | 2007-09-30 10:09 | その他/others

韓国の倫理観

昨晩は、久しぶりに韓国人の友達に会った。以前の会社での同僚だ。彼女は今、日韓通訳としてがんばっている。会うたびに刺激になる。在日朝鮮人で日本語が完璧な通訳者がたくさんいる中で、その人たちと同じくらいまでに日本語ができるようになることが目下の目標らしい。彼女の向上心にはいつも感心する。

昨日話していて一番興味深かったのは韓国人の倫理観だった。儒教とキリスト教が根付いているためだと思うが(彼女はキリスト教には全然興味なさそうだけど)、日本では「できちゃった婚」が広く受け入れられていることに不思議がっていた。日本でも昔はそうだったように、韓国では今も「恥ずべきこと」なのだそうだ。だから日本の女性タレントが結婚を発表し、マスコミが「XXさんは妊娠はしておらず、これからも仕事を続けるということです」などと報じるのが、不思議なのだそうだ。私も感覚が鈍っているのか、もうそんな報道を不思議とも思わなくなっていたけど、考えてみれば結婚を発表した時点では妊娠してなくて当然なのだからそんなことわざわざ言う必要はないわけだ。

でも一方でその友人は、韓国の矛盾も指摘してた。それは、韓国人が「でき婚」には厳しいのに整形には積極的であるということ。芸能人は当然ながら、一般人もたいていの人が整形している。大学卒業祝に親がその費用を出してあげたりするのだとか。最近では整形を発表することによって、その(発表するという)勇気ある行動が評価されて人気が上がるのだとか。

私のほうが年上なのに夕ご飯をおごってくれた
母を亡くした私への慰めの気持ちみたい。
「知らなくて、何もできずにすみませんでした。」って。
「私は元気なんだし、母は天国に行ったし、そんなことやめてよ~」と言ったけど、「私に払わせてくれないと、今日は帰しません」と言うので、おことばに甘えることにした。

ごちそうさまでした
[PR]
by marthymarthy | 2007-09-29 10:09 | 友達/friends

良き娘

タイトルの良き娘
私のことで〜〜す
だって、このブログの存在を自分の父親に教えているんですよ。
普通親に日記を公開しないよね~。遠くで私がどういう生活をしているか知りたいだろうと思って、ずいぶん前に思い切って教えてあげたんですよ 
そして、昨日父から、「最近あまりブログが面白くないなあ」と言われました こういうこと過去にもあって、その記事も探せばどこかにあるのですが、その記事では、今は亡き母が(まだ癌とわかる前)、父がそう言った後に電話口に出てきて、「あんたの日記だから自由に書けばいい」と言ってくれました。そして昨日父にも、「どんなのが面白いの?」と聞くと、「おまえの日記だから自由に書けばいい」とは言ってくれました。

ま、言われなくても自由にしますけど
最近、私が歌にのめりこんで英語の歌詞とか訳詞とかばかり記事にしているからかなあ 確かに客観的には面白くないかも。でも私は歌詞を訳してみることで意味を味わえて喜びに満たされるのです

そんな父も、先日みなさんにシェアしたYouTube動画「Searchin」(サーチン)には非常に感動したようでした。
私もこの動画には中毒になっています。天国ってこんな感じで神さまへの讃美が鳴り響いているんじゃないかと思います。そしてみんな喜びで小躍りしているんじゃないかと思うのです。母が楽しそうにノリノリで踊ってる姿が目に浮かびます。ダンス好きでしたので 天国って疲れがないんですよ。どんなに歌っても踊っても疲れない、って、どんな感じなんでしょうね。

早くて聞き取れないところが多いけど、繰り返し歌われている部分は

I kept on searching till I found the king of kings
(王の王を見つけるまで探し続けた)
He changed my heart so I can love right 
(彼は正しく愛せるように私の心を変えてくださった)
He changed my mind so I can think right
(正しく考えられるように私の頭を変えてくださった)
He changed my mouth so I can talk right 
(正しく話せるように私の口を変えてくださった)
He changed my feet so I can walk right 
(正しく歩けるように私の足を変えてくださった)

あ、また英語の歌詞とその訳になっちゃった
面白くなくてごめんなさーい
[PR]
by marthymarthy | 2007-09-28 12:09 | その他/others

右利き

c0256342_01140100.jpg

窓を開けていると夜風が冷たくなってきました。ブンとジャックも少し寒いときの寝すがたになって、首を後ろに回して翼に顔を埋めています。二羽とも右に首を回しているところをみると二羽とも右利きみたいo(^-^)o
[PR]
by marthymarthy | 2007-09-27 23:09 | 文鳥/rice bird

昨日のメッセージ

ヨハネ5章2-9節
さて、エルサレムには、羊の門の近くに、ヘブル語でベテスダと呼ばれる池があって、五つの回廊がついていた。その中に大勢の病人、盲人、足なえ、やせ衰えた者が伏せっていた。そこに、38年もの間、病気にかかっている人がいた。イエスは彼が伏せっているのを見、それがもう長い間のことなのを知って、彼に言われた。「よくなりたいか。」 病人は答えた。「主よ。私には、水がかき回されたとき、池の中に私を入れてくれる人がいません。行きかけると、もう他の人が先に降りて行くのです。」 イエスは彼に言われた。「起きて、床を取り上げて歩きなさい。」すると、その人はすぐに直って、床を取り上げて歩き出した。


昨日の祈祷会では、この箇所から牧師が次のように話しました。

興味深いのは、当然良くなりたいから池の近くに来ているはずの病人に、「よくなりたいか」と訊かれたこと。おそらくこれは、体が良くなりたいか、という意味以上のことを含んでいたのだろう。というのも、その病人は、「よくなりたいです」と答えればいいものを、質問にストレートに答えず、良くならないのは他の人のせいだ、だれも私を助けてくれない、私はかわいそうだ、というような言い訳や自己憐憫を訴えている。つまり、この病人は、長く病に伏すうちに、おそらく癒されることは当に諦めていて、自分の状況を他の人のせいにしたり、自己憐憫したりするようになっていた。体だけではなく、心も病んでいたのだ。イエスはそれを見抜き、すでに諦めていた体の癒しも与えたばかりか、心を癒してくださった。
このように心が病んでいるのは、この病人ばかりではない。私たちも、すぐに他人のせいにしたり、言い訳したりする者である。そのような心をイエス様に癒していただきましょう。

アーメン。
[PR]
by marthymarthy | 2007-09-27 12:09 | 十字架/cross

開かずの間

今日はフジミ会会場としてデビューする我が家。
片付けを焦っていましたが、
苦手なものはなかなかすすまず、
とりあえず使わない部屋に邪魔なものを押し込んで終わり!ってことになりそうです
リビングでマシュウさんとマリコさん、マシュウさんの子供(もうすぐ3歳)がくつろげますように~

そんなわけで残りの部屋は全部開かずの間となりそうです汗} 
[PR]
by marthymarthy | 2007-09-27 08:09 | 十字架/cross

独身時代

c0256342_121044100.jpg

今日は夫が遅いので夕食はオリジン弁当(^_^;) 独身時代、よくお世話になりました。
[PR]
by marthymarthy | 2007-09-26 21:09 | 夫婦/marriage

4ヶ月と21日

先ほど郵便屋さんが、アメリカの友人、NYから、誕生日のプレゼントを届けてくれました。私、5月5日生まれなので、4ヶ月と21日遅れのプレゼント
NYは心理学の博士号を取るために、今、大学院で学んでいます。学部生を教えることもあります。先日、新学期の始まったばかりのアメリカで、新入生のオリエンテーションをしたみたいです。そこで、私のことを話してくれたんだって 大学に入ったら、一人でいいから生涯の友達を作るように!って、私のことを例に出しながら、話をしたそうです。光栄です 
彼女は何度か私のブログにも登場していますが、初めての方のため簡単に紹介します。私がアメリカの大学で学んでいた2年間のうち、1年目も仲良くしましたが、2年目はいっしょにアパートを借りて住んだハウスメイトです。

さて、プレゼントの箱の中身はオムニバス
バースデーカード↓



そしてパピルスでできた革張りのノート もったいなくて使えないよ~。日記やメモ帳にはもったいなさすぎるから聖書の写本でもしようかな。




そして、ワーシップソングのCD。最近ワーシップソングに目覚めていたからタイムリー
昨日から私の頭で巡っているAbove Allという曲も収録されていました 時間が出来たら訳を載せたいと思います。



そして、ストレッチの利いた、ボーダーのVネックTも入っていたんですが、こちらはそのうちに着て写真をアップしたいと思います。ちょっとアメリカンサイズのMは私には大きいような。。。。がんばって着こなしたいと思います ウェイトトレーニングで上半身に筋肉をつければ多少着こなせるか?!

何はともあれ、Thank you NY . I love you. You are my sister in Christ forever.
[PR]
by marthymarthy | 2007-09-26 15:09 | 友達/friends

フレッド君

キャンプ場でのオリエンテーションで、
「大きなカエルが2匹うろついているが、
虫を食べてくれるので、彼らに危害を加えないでください。
フレッドとフレッド・ジュニアといいます。」
と説明を受けた。

そしてフレッドと遭遇しました 
c0256342_23381548.jpg


左手を柱に付いて、何か物憂げ。
c0256342_23384137.jpg


体が重くてジャンプできないのか、歩きながら去っていきました
c0256342_2339919.jpg

[PR]
by marthymarthy | 2007-09-26 14:09 | 十字架/cross


2007年に天に帰った母の闘病記がメインです


by marthymarthy

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
可愛い生物/cute creatures
その他/others
母と癌/mother&cancer
十字架/cross
英語/english training
夫婦/marriage
文鳥/rice bird
本/books
旅先から/travel
ブログ
労働/labor
友達/friends
映画・TV/movies
ベランダ/my farm
子育て/child-rearing
ブログ名/blog title definition
訳詞プロジェクト
未分類

以前の記事

2012年 10月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月

お気に入りブログ

メモ帳

検索

その他のジャンル

最新の記事

カフェブロブロガーで力を合わ..
at 2012-10-04 23:10
デートに誘われて
at 2008-02-11 21:02
あんこう
at 2008-02-11 21:02
60歳??!!
at 2008-02-09 09:02
よくがんばったね
at 2008-02-07 19:02

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
主婦

画像一覧