<   2006年 11月 ( 37 )   > この月の画像一覧

猫の目と人間の眉

今日、早朝に目が覚めたら、枕元の電気を消し忘れていた。
そして枕元にハナが寝てた。ハナは野良猫だったから、
あまり人間にべたべたしないが、寒かったのかな。
布団に入りたかったのかもしれないけど、遠慮したのかな。
ねぼけながら、目覚まし代わりに枕の下に置いておいた携帯電話で、
ハナと私のツーショットをカシャリ
暗がりの不気味な写真にできあがりました。
私のねぼけたしょぼしょぼ眼はフレームからアウト。
ハナはなぜか目がらんらんとしていました。
c0256342_11133060.jpg

[PR]
by marthymarthy | 2006-11-29 14:11 | その他/others

エスキモーの

今日は東京に帰る日。
今朝、母を見舞ってきた。
スパゲッティーはだけど、人間食べるって大事だなと思った。
昨日までこのまま弱って死んでいきそうに見えた母が、
今日は起き上がって私たちと長く話していた。
それに、冷蔵庫からエスキモーのアイスを出して、
けっこうペロリと食べた。ラクトアイス系なので、
ハーゲンダッツなどの濃厚なものよりも乳脂肪分は少ないが、
その分容器は大きかった。私はたぶん1回じゃ食べきれない。
昨日は、お見舞いに来てくれた母の従姉妹と、
雪見大福を1個ずつ食べたらしい。
アイスは食べやすいし、そこそこカロリーがあるからいいかも。
何も食べられない胃がんの患者さんにも食事の時間になると
アイスが出されていたし。
母もがんばってカロリー摂取を心がけているようだ。
私がプレゼントしたテルミールという高カロリー補助食品は却下された。
まずくて飲めないらしい
薬と思って飲んで~、とお願いしてみても、だめらしい。
今日、「テルミール飲んだ?」と聞くと、
「捨てた」、だって
そうとうまずいってことだろう。テルモさん、もっと商品開発がんばって。

私の耳のピアス(耳以外にはありませんが・・・)の穴が
ちょっと炎症を起こしていることから、話が発展し、
母は、「私が2つ大きな金のピアスを持ってるの、
私がどうにかなったら十字架のペンダントに作りかえなっせ~」だって。
お母さんがどうにかならなくても、十字架のペンダントにしたいなー。
今度どこにあるのか聞いておこう

死にそうだったところから、ここまで回復させてくださった神に感謝です。
どうか完全に癒してください。
[PR]
by marthymarthy | 2006-11-29 13:11 | 母と癌/mother&cancer

裁判へ

もし今回の入院で母に何かあったら裁判にもっていくからね。
覚悟しておいてください、センセイたち。

朝、一番若い医師に「お粥」を懇願したら、しぶしぶ許可してくれたことは書いた。
そして、午後になってわかったことだが、昼食に出たのは、お粥ではなく、スパゲティーミートソースだったという。5日も食べてない患者に、いきなりスパゲティーミートソースって しかも、先日の説明では、十二指腸に突き出した腫瘍から出血すると、大変なことになるから、すでに胃酸を少なくする薬を出しているし、食べ物も固形物は注意したほうがいい、みたいなこと言ってたよね。

胃酸が少ない人にスパゲティーミートソースって??
しかも、脂肪の吸収を助ける胆汁は、腸ではなく、体外に流れている状態なのに。。。

このことはこの辺にして、あと一個、これに関連してやなことがあったんですよ

今日の午後、祖母(母の母)に母から電話があり、母の従姉妹が持ってきたあなご寿司を2切れ食べた、という。祖母は、母が食べることができて安堵と喜びを感じていた。私もよかった、と思ったが、母にちゃんとお粥が出たかどうかも知らないときで、固形物を食べると出血の恐れがある、と言われていたので、ちょっと不安でもあった。祖母はうれしさのあまり、父にもこの話をした。すると父は、心配のあまり真っ青になって怒った。祖母の前で声を荒げても何にもならないのに。いい年なんだから、感情コントロール、もうちょっと上手になろうよ、お父さん・・・

十二指腸の状態のこと、あまり理解してない祖母は、びっくりして、「お母さんに今度から食べないようにって、電話してちょうだい」って不安そうに私に頼んだ。それで私が電話してみたら、上記のような、スパゲティー事件のこともわかったというわけ。

何かの間違いだと思ったし、今、母のいる病院で働いてる友達にもメールしてみたけど、あってはならないことだけど、入力ミスだろう、っていう返事。でもね、母も不審に思って、看護師に聞いてみたけど、「先生が許可したものだから大丈夫ですよ」と言ったらしい。しかも、医師があとからやってきて、「スパゲッティーだったの?美味しかった?」って言ったらしい。だからきっと間違いじゃないよね

どうなってるんだろう・・・

さっき母に電話したら、夕ご飯はお粥とふつうのおかずだったらしい・・・

明日東京に帰る前に、医師と話してはっきりさせなければ
[PR]
by marthymarthy | 2006-11-28 19:11 | 母と癌/mother&cancer

よかった

よかった
と胸をなでおろしたことが今日一件ありました。
以前にも書いたのですが、体外受精で3つ子を身ごもり、
減数手術を受ける予定になっていた友達のこと。
実は昨日会った友達が彼女です(二つ前の記事を見てね)。
来週その手術を受けるはずだったのです。
私は、しっくりこない部分もあったけど、
命がけで3人生んだほうがいい、なんて言えません。
彼女自身も、罪悪感を覚えながら手術に臨もうとしているのに、
さらにそれを責めるなんてできません。
「手術がんばってね」と言うのがせいいっぱい。
でもさっきメールが。

今日病院に行ったら、3人のうち1人が心停止になっていて、
その子が、あとの2人を守るために自分を犠牲にしたような気がして、
涙が出ました。その子のためにも手術を受けずに、ふたごを産みます。

よかった、そういう結論出してくれて。
生まれたら双子ちゃんグッズをプレゼントしなきゃ
[PR]
by marthymarthy | 2006-11-28 17:11 | 子育て/child-rearing

昨日の午後は

昨日は昼まで母の横にいて、
1時に友達と待ち合わせ。
熊本の老舗デパート、鶴屋の前で。
私は熊本のレストラン情報など、さっぱりわからなくなっているので、
友達のすすめで(って、二人とも「あんまり歩きたくないねー」ってことで)、
そこから電車どおりを渡ったところにある
比較的新しい「びぶれす」というビルの2Fにある
カフェ・レガルってとこで、1000円のランチを食べた。
スープからコーヒーまでついて1000円なら安いかな。
お弁当風の盛り付けではあるけど。
入り口のカウンターに並べてある雑誌も、
メイプルとかミセスとか、上品なものが多い。
味もまあまあ。
同じ階には「熊本現代美術館」なるものができており、
現在アラーキーが審査員をしたというアートの展示が行われていた。
見なかったけど

友達とひとしきり話して解散。
友達は、なんとかセラピーを受けてくるって言ってたから、
てっきり妊娠中の彼女のことだから、妊婦向けのセラピーかと思ったら、
そのなんとかセラピーってやつは、
先祖療法のことらしい。。。

人気blogランキング参加中です。
一票よろしくお願いします。

[PR]
by marthymarthy | 2006-11-28 14:11 | その他/others

心に届くには

母は横になったままだった。胆汁の袋は、点滴のポールにひっかかっていた。
胆汁ってこんなに茶色いんだなあ。こんなに出るもんなんだなあ。
母は上半身を起こせない分、昨日より弱って見えたが、
数日前に内視鏡を入れた後から苦しんでいたのどの痛みは治ったと言っていた。

大きな処置の直後なので、家族としても医者と話したい。
なかなか医者が来ないので、看護婦さんに呼んでもらったら、一番ぺーぺーの医者がやってきた。黄疸が出ると何が怖いかということを説明され、黄疸が出る前に処置できたと強調された。ふつうエコーじゃ見えない胆管が見えていたので、胆管がそうとう膨れていたのだろう、と言った。面白かったのが、熊本弁なのかな、「胆管がボフッてなっとった」という表現を使われたこと。ボフって、擬音語というのでしょうか、一気に膨らんだ様子を表すのです。

さて、でも、毎日痩せていく母を見るのは忍びない。
今日医者に聞きたかったのは、母の栄養摂取についての考えでした。
「今点滴だけですけど、一日どれくらいのカロリーを体に入れていただいてるんですか?」と聞くと、「そうですねー。500くらいですね。たしかに足りないですね」って 足りないなんてこっちは言ってないけど、自分から認めてた。どーゆーこと?

それで、早くお粥を出してくださいと、お願いすると、「わかりました」と言ったものの、経腸による栄養摂取がどんなに効果的であり、血管から栄養分を入れることがどんなに不自然かを力説し始め、鼻から管を通して腸に栄養を入れる話にまで及んだ。。

「でも、母は食欲があるのに止めてあるだけですから、口から栄養を入れればいいでしょう?」と失笑しつつ抗議すると、

「そうですね。ま、今のは、にっちもさっちも行かなくなったときには、こういうこともあるということで、受け止めてくださればと思います」だって

にっちもさっちも行かなくなる前にどうにかするのが医者の役目じゃないのかよっ!

でも、私も怒りをひた隠しにして、下手に下手に出るべきだったのか?
そのほうが、医者の心を少しでも動かせたかなあ。
ちょっと反省。

人気blogランキング参加中です。
一票よろしくお願いします。

[PR]
by marthymarthy | 2006-11-28 14:11 | 母と癌/mother&cancer

マムシに咬まれた猫

c0256342_9111229.jpg

実家から初の画像アップです。
これは実家の猫、ハナ。18歳。
お昼寝中に、無理やり起こして撮りました
一匹狼的性格で、猫友ゼロ。
5年ほど前、マムシに咬まれ、
1週間ほど生死をさまよいましたが、
復活。

調子が悪いときは、痩せて炭みたいに細いこともあったけど、
今はおばあちゃんとは思えない毛づやで、体重も3kgくらいありそう。
マムシを克服後、近所の猫にも喧嘩で負けて大怪我したりと、
外猫にしておくと、心配事が増えるので、
挿入(0−90−−−−−−−−−−−−−−−−
おっと、上の一行は今突然ハナがやってきて、キーボードの上を歩いたらできた作品!)
今では家猫です。
外の味を知っているハナは、出せ出せとうるさく鳴きます。
実家に来るとこれで睡眠不足になります。
また、母に一番なついていて、母がいないと母を捜し回って鳴きます。
ハナのためにもお母さん、早く元気になってねー。
そして、主よ、ハナをマムシの毒から救ってくださったように、
母をがんから救ってください。

人気blogランキング参加中です。
一票よろしくお願いします。

[PR]
by marthymarthy | 2006-11-27 20:11 | その他/others

医者の世界

医者の世界ってやっぱ変だよ。
大学病院では、入院患者の担当医は、大体若手の医師が配属されるようだ。
40前くらいの人と、新米医師が2人一組で担当する。
昨日は、私が初めてその医師たちに会ったので、向こうから自己紹介をされた。
「marthaさんのお母さんを担当しています私HHと、KK先生です。あと、私たちの上に、TT先生がおられます。」

と、40前くらいの医師が、言った。自分に先生つけないのは当然としても、新米医師と、自分の上司に「先生」をつけての紹介。さらに上司には「おられます」と尊敬語。

ふつうの企業なら、おえらい部長や社長であっても、身内の人間を外部の人に紹介するときには、呼び捨てだろう。

一生その世界でやっていく分には困らないのかもしれないけど、一般常識も勉強してほしい。その前に、そんなに「先生」と呼ばれたければ、回復と癒しを母の上に見せてくれ。

人気blogランキング参加中です。
一票よろしくお願いします。

[PR]
by marthymarthy | 2006-11-27 17:11 | 母と癌/mother&cancer

餓鬼道

今日の母は私が今までにないほど弱っていて、いつも早起きなのに、私が行った9時半ごろ、やっと目覚めたばかりのようだった。何かの薬を夜中にも点滴されていたのだろうか、あんなに眠たがるのは珍しい。私は昼間で母のそばにいたが、ほとんど眠っていた。

眠ってないときに、母は、「いーっぱい食べたい。こむらさき(熊本のラーメンブランド)のラーメンが食べたい。餓鬼道入っとるけん。」と言った。

もう何日も口から食べ物を入れさせてもらってないのだ。
かといって栄養剤の点滴を最大限に増やしたりはしてくれない。
昼間はちゃんと栄養剤を打ってますよ、と、看護婦(婦でいーんじゃない、女なんだから)に言われ、取り付く島もない感じ。
母は、アフリカの飢餓の子供のように、どろんとした目をして、寝てるときも半目が開いていたりして、死んだんじゃないかと、何度も不安になった。
大学病院がはじめてたよりなく感じた。(昨日から)

帰り際、母の手をとって祈った。必ずまた元気にしてくださいますようにと。

帰り道、歩きながら祈った。死に打ち勝たれたイエス様が、命の源である神様が、母の造り主である主が、母にさらなる命と力を吹き込んでくれますように。モーセの時代、ヨシュアの時代に、海や川をせきとめた神様が、母のがんをせきとめ、押し戻して、小さくし、消してくださいますように。

今頃母は肝臓に管をさして、胆汁を体外に出す処置を受けているはず。今日の母の体力はそうとう弱っているけど、どうか、この処置を耐え抜かせてくださいますように。



人気blogランキング参加中です。
一票よろしくお願いします。

[PR]
by marthymarthy | 2006-11-27 17:11 | 母と癌/mother&cancer

一時的に

今日は一時的にかなりへこんだなあ。
いまもまだ立ち直ったとはいえないけど、たちなおるぞ。
神様、力をください。

母に久しぶりに会った。
目がくぼんで、シワが増えたなあ。ここのところ、熱源を調べる内視鏡検査のために、点滴だけだったり、出てもお粥だけになっていた。

母の担当医二人(若手)から母の状況について説明があった。
母の熱は胆管炎のせいで、その胆管炎の原因は8月に黄疸を治療するために通したカテーテルが古くなっていたから。だから、そのカテーテルを除去して、新しいカテーテルを入れようとしたけど、なんと、膵臓頭部の癌が十二指腸のほうまで突き出してきている(大きくなっている)ので、うまくカテーテルが入らなかったらしい。それで、胆汁を別のアプローチで抜かないと体に負担がかかるので、明日、皮膚から肝臓に管を入れて、体の外に胆汁を流すという処置を受ける。胆汁がたまる袋をぶら下げての生活になるのだ

本人も精神的にきついだろうな。そんな茶色い液体が体外に溜まっていくのをみるのは。それに、胆汁はの色づけの役目があるので、腸に流れていかないと、白い便が出るようになる。黄疸が出ていたとき、母はすでに体験している。自分の便が白いのを見るのも楽じゃないだろうな。

さらにきわめつけは、一旦その説明が終わったあとに、なぜか私だけが呼ばれ、
「実はもうひとつお話しておきたいことが」
だって。


「お母さんが、娘さんが一番しっかりしているので、何でも話してくださいとおっしゃったので」

と切り出し、

「実は十二指腸のほうに突き出しているということは、十二指腸を食べ物の塊がとおるときに、癌を傷付けると、ひどく出血する恐れもあるので、輸血承諾書にサインを。」

だって。

あのー、いくら私がしっかりしてるかしらないけど、私だけ呼んでこんな話したら、病室で待たされてる父と母が不審に思って、必要以上に不安になるじゃないか

「出血」という言葉に父も母もビックリするといけないと思ったのらしいが、
逆効果ですから!!!

ということで、私は父をよびにいった。母は点滴中で、ベッドで待っていた。

おそらく十二指腸への突出はここ最近のことではないだろう。
母は、副作用も治まり自由に食べたいものをたべていた。おかげで体重も増えていた。
この若手医師たちも、さっさとベッドを空けるために、母を退院させようとしていた。
でも熱が出るのが数日遅れていれば、「好きなものをどんどん食べて、どんどん体力つけてくださいね」と言って、病院を追い出されていたはずなのだ。
なのに、今は手のひらを返したように、お粥中心の食事をすすめている。
その分血管から栄養剤を入れてくださいませんか、とお願いしたんだけど、栄養は腸から摂るのが一番ですから、と理想をお述べになる。

私も今日は飛行機の旅や、私だけ最初に呼び出されたり、と、精神的に疲れていたので、充分に質問したり、説明を求めたり、異議をとなえたり、する余裕がなかった。明日は、この先生たちは、一日手術でいないそうなので、(とはいっても、執刀医のヘルプ程度の立場だろうが。)会えないが、東京に帰るまでにはなんとか今後の栄養摂取の最善の方法について、よく話しあわさせていただきたい。

母が痩せるのを見るのは耐えられない。
主よ、あわれんでください。
[PR]
by marthymarthy | 2006-11-26 22:11 | 母と癌/mother&cancer


2007年に天に帰った母の闘病記がメインです


by marthymarthy

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
可愛い生物/cute creatures
その他/others
母と癌/mother&cancer
十字架/cross
英語/english training
夫婦/marriage
文鳥/rice bird
本/books
旅先から/travel
ブログ
労働/labor
友達/friends
映画・TV/movies
ベランダ/my farm
子育て/child-rearing
ブログ名/blog title definition
訳詞プロジェクト
未分類

以前の記事

2012年 10月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月

お気に入りブログ

メモ帳

検索

その他のジャンル

最新の記事

カフェブロブロガーで力を合わ..
at 2012-10-04 23:10
デートに誘われて
at 2008-02-11 21:02
あんこう
at 2008-02-11 21:02
60歳??!!
at 2008-02-09 09:02
よくがんばったね
at 2008-02-07 19:02

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
主婦

画像一覧